年金難民

国民年金の払い込みは59.9%になってしまった。これじゃー年金制度は崩壊だ。
国が国民を愚弄した結果だ。
年金制度の本来の目的は戦争費用にあてることと、天下り先を作ることにあったらしい。

だいたい戦争中に制度をつくったとゆうのがいかにも、うさんくさい。
20年以上も払いは先だからどんどん使えとゆう資料が残っている。
使えは運用の意味もあったのだろうが結局、さんざん減らしているから結局使ってしまった。
去年1年間だけでも5兆円減ってる。
国民をだました制度だ。
そしてカンポは一括安く払い下げるとゆう、国民のためのカンポじゃなかったのか。
全く本性丸出しだ。

年金は詐欺制度といわれても仕方が無い。
国民年金の平均は6万弱、厚生年金は16万らしいが、42年も払い込んだのに平均より
ぜんぜん少ないどこか騙されているような気がする。
腹が立つがどうすることもできない。それでも何とか命をつなげられるからまだましか。
くやしいから元だけでも取りたいが半分の20年生きるのも大変だ。
未払いの年金も10ヶ月も先になるらしい、余命半年の人が役所に文句を言いに言ったら、
”大丈夫です、遺族が受け取れますから”と言ったとゆう、少しは恐縮するとか、謝るとか、
そんな心情は無いのか、
あきれて笑うしかない。

年金難民が東南アジアに長期滞在しているそうだが、食料が安いと言ったって、
半額ぐらいじゃたいしたことない、医療費や新たな住居費(2万円)で妙味無いと思うが・・。
タイは台所が無くトイレ、シャワー兼用の手洗いで調理したり、湯船もない生活じゃー、
快適には程遠い。
テレビもわけ分からんし、蚊は伝染病をもって刺しにくるし、とても住みたいとは
思わないなー。
生活の質は逆に落ちるじゃないか。

今日は少し気温がプラスになるらしいから車を洗うといいんだが、
下回りにエンカルがついて錆びになる。